ファインダーシリーズ

〔BL漫画/小説〕

やまねあやの先生が描くBL漫画『ファインダーシリーズ』

2021年時点では漫画11巻小説2冊まで発行されています。

 

が、こちらのシリーズはタイトルに巻数が付いていないので順番が分かりにくい!

私も中身を見てから「あ、これはこの章か」と確認を良くしています(^^;

 

と、いうことでーー今回はタイトル順に並べて行きます‼

一緒にあらすじ一口メモも載せておきますので、是非ご参考に(*^^*)

ファインダーシリーズとは

ファインダーシリーズ

やまねあやの先生によるBL漫画作品シリーズ。

 

フリーカメラマンの高羽 秋仁〈たかば あきひと〉(受け)と、裏社会の実力者である麻見 隆一〈あさみ りゅういち〉(攻め)が中心に織りなす、ハード系ラブ。

美麗なイラストとドキドキする作品展開に引き込まれる読者が多い作品です!!

ファインダーシリーズ〈漫画編〉

第1巻 『ファインダーの標的』

あらすじ:「忘れるな、俺から受けた痛みと快楽を──」フリーカメラマン・秋仁は、裏社会の美しき実力者・麻見の手に堕ちる…!! 監禁され身も心も奪いつくされた秋仁の運命は!? BL界の歴史を塗り替えた “ファインダーシリーズ”第1巻!!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:最初はSM特集の読み切りとして雑誌に掲載されたらしく、初っ端からハードモード!

やまね先生の画力も相まって、秋仁が可哀そうな程本当に凄いシーンが続きます(´ー`)

 

第1巻では描き下ろし含めて3話が収録。(他作品の読み切りが3話)

人気キャラクターの飛龍〈フェイロン〉もこの巻から登場!

ファインダーの標的【ネタバレ感想】

第2巻 『ファインダーの檻(ケージ)』

あらすじ:「秋仁、お前は俺のものだということをよく憶えておけ──」罠に堕ちた秋仁を救ったのは麻見だった…!?
麻見と飛龍の宿命の出会いを描いた物語「高楼の華」も完全収録!
BLの歴史を変えた大人気ファインダーシリーズ第2巻、待望の新装版登場!!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:主人公である秋仁と麻見のお話は1話のみ。

あとは麻見と飛龍の出会いを描いた『高楼の華』がメインとなります。

7年前の2人に何があったのか……今後にも繋がる重要なお話です。

 

麻見のクールな格好良さと、飛龍の美しさが際立つ章。(秋仁は可愛いです(*^^*))

その他、ファインダー以外の読み切りが1話入っています。

ファインダーの檻【ネタバレ感想】

第3巻 『ファインダーの隻翼』

あらすじ:「もうお前を自由にしてやる気がなくなった。俺と奈落の底までご一緒願おうか」
麻見と秋仁が自分の気持ちに向き合おうとした刹那、秋仁は飛龍の罠に落ちる!!
ネイキッド・トゥルース日本編を完全収録。ファインダーシリーズ第3巻、新装版で登場!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:ここから大きな事件に発展していく模様。

麻見と秋仁の距離感にも変化訪れてきます。

飛龍の思惑に惑わされながらも、自分の信念を持って行動する秋仁を応援したくなる一冊。

 

巻末には秋仁・麻見・飛龍の簡単なキャラクター紹介も。(ファインダーでは登場人物の内部まで語られることが少ないので、貴重な情報源です!)

その他、ファインダー以外の読み切りが2話入っています。

第4巻 『ファインダーの虜囚』

あらすじ:「まさか麻見が貴方を愛しているとでも思っているのですか?」
飛龍によって香港にさらわれた秋仁。
監禁され、陵辱されながらも思い出すのは自分のために傷ついた麻見の姿だった…。
大人気ファインダーシリーズ第4巻! 特別大量描き下ろしアリ!!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:飛龍の行動や言葉に惑わされながらも、常に前を見続ける秋仁に何故か切ない気持ちがこみ上げてきました……。

彼が持つ優しさや温かさは、次第に飛龍の心さえ溶かしていきーー。

一方で麻見は秋仁を取り戻すために動きだします。

 

2人の男に求められる秋仁の運命は!?

第5巻 『ファインダーの真実』

あらすじ:「もしオレが死んでも、麻見はオレを日本に連れて帰ってくれるよな…?」攫われた秋仁を取り戻すため全てを犠牲にする覚悟の麻見。秋仁に愛おしさを感じ始めた飛龍。そして蠢くロシアンマフィア――三人の男が火花を散らす中、ただひたすらに麻見を思う秋仁の運命は!?

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:麻見と飛龍の対決のはずが、何故かロシアンマフィアも加わり、事態は混沌とします。

“秋仁は麻見の下に戻りたい、麻見は秋仁を取り戻したい”

一見単純なようでも、そこに権力や思惑が入り込み中々上手くいきません。

 

激しい戦いの末に再び出会えた2人でしたが、秋仁の心の傷はそう簡単に治るものではなくーー。

麻見は秋仁をこれ以上ないほど気遣い、言葉と身体でもって癒していく所が見どころです!

第6巻 『ファインダーの熱情』

あらすじ:「オレたちは住む世界が違いすぎるんだ」香港での囚われの日々から麻見と共に帰国した秋仁。麻見の元を逃げ出した秋仁はストーカー事件に巻き込まれ、改めて麻見の裏の顔を目の当たりにする。スクープか麻見か――近付くべきではなかった男に惹かれる自分を認められない秋仁は…!?

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:読み切りと、1巻完結の章が入った一冊。

事件は起こりますが、前巻までのような生命の危機!というような事はあまり無く、軽く読めてしまえる作品♪

 

大人な余裕のある麻見と、彼に惹かれつつも認めたくない秋仁の攻防戦が見ものです。

番外編(他読み切りとのコラボ)ではちょこっと大人な秋仁が見れたりも……?

第7巻 『ファインダーの渇望』

あらすじ:麻見の部屋に転がり込んだ秋仁はカンペキに主夫業を勤め上げつつ、カメラマンとして時には身体を張り、時には警察に追われながらもキャリアを重ねつつあった。スクープを狙っていたある晩、見知らぬ男が麻見に泣きすがるただごとではない場面を目撃! それが新たな事件の幕開けとなり!?

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:個人的には一番好きな1冊!

何故なら同棲(秋仁的には居候)が始まった麻見と秋仁のラブシーンが多いので^^

 

一方で麻見の知り合いという検事や、麻見の部下という新キャラも登場し、秋仁がまた悩まされる1冊でもあります。

ここからまた長いシリーズのスタートです。

第8巻 『ファインダーの密約』

あらすじ:「ずっとかばわれて、守られてばかりだった。だから今度はオレが――」 麻見の依頼を受け、麻見を裏切った部下・須藤を追う秋仁。しかし逆に須藤に拘束され、ナイフを突きつけられる! 須藤は麻見への想いをつのらせ、殺したいと願うほど執着していたのだ。更に麻見の持つ利権を狙う敵が現れて…!?

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:麻見のために動くことを決めた秋仁。

けれどそう上手くはいかず、麻見を慕う部下に傷つけられたりと散々な目に遭います。

 

“麻見にとっての自分”に不安を持つ秋仁ですが、読者からするとそれは明確。

麻見の秋仁と、秋仁以外に対する対応の違いに萌えました(#^^#)

ただ最後はそんな悠長なことは言ってられず、謎の敵が麻見と秋仁に襲い掛かりーー。

第9巻 『ファインダーの鼓動』

あらすじ:謎の刺客の襲撃から数か月、秋仁は山奥の寺で匿われていた。麻見の身を案じる秋仁は脱走を図るが、僧侶・道寛に連れ戻されてしまう。 秋仁の気持ちと覚悟を察した道寛は、秋仁に護身術や銃の扱いを教えるのだった。一方、麻見は組織を守るため世界中を飛び回っていた。香港に降り立つ麻見を迎えるのは、因縁のライバル・飛龍!麻見と秋仁は再会できるのか…!?

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:この一冊は読んでいて辛かった記憶があります。

……麻見と秋仁がほぼ離れたままだったので(>_<)

 

けれどその分、麻見の秋仁に対する想いや、飛龍の麻見や秋仁に対する想いを感じることが出来て嬉しかった巻でもありました。(飛龍が本当に良い人なんです……(:_;))

第10巻 『ファインダーの蜜月』

あらすじ:あらすじ:数か月ぶりの再会の直後、麻見と秋仁を乗せたヘリが墜落!! 不時着した二人が意識を取り戻すとそこは無人島! 砂浜で、湖の中で、大自然の中、何度も体を重ねる。南の島でのラブラブHをお届け♥ 大人気シリーズ10巻!!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:前巻までの離れ離れを取り戻すかのように求め合う麻見と秋仁(/ω\)

 特に麻見の方が自身を抑えきれないようで、何度も秋仁を襲います。(ちょっと語弊がありますが(笑))

 

秋仁の明るさに皆が救われていると思います(´▽`*)

敵の正体も見えてきた所で、麻見が、飛龍が、ミハイルが動き出す1冊。

第11巻 『ファインダーの最果て』〔最新刊!〕

あらすじ:ついに敵と対峙することになった麻見。待っていろと言われていた秋仁だったけれど、当然大人しくなんてしていられるはずはなく…!? 二人を襲うシリーズ最大のピンチ!! BL界に君臨する最強にして最も美しい男がここに!

(引用元:ビーボーイ)

一口メモ:2021年シリーズ最新刊!

そして「プレイ イン アビス」の完結と、新章「イノセント アイズ」が掲載された巻です。

 

長い戦いが終わったかと思いきや、麻見と秋仁にはまだ平穏は訪れないようでーー衝撃の最後でした!

本編が緊張感MAXなのに対し、番外編ではいつもの明るくてやんちゃな秋仁の様子と、楽しそうに彼にお仕置きをする麻見が見れました。(個人的には唯一の癒しとなったお話です(´ー`))

ファインダーシリーズ〈小説編〉

第1冊目 『ファインダーの烙印』

あらすじ:豪華客船での麻見・ミハイルとの戦いから数ヵ月。 飛龍は極秘で台湾を訪れる。 それは、生き延び、その地で勢力を伸ばし始めている 兄・焔燕との決着をつけるために。 飛龍とあの男との再会、そして、陶の出生にまつわる秘密。 若きチャイニーズマフィアの頭首・飛龍に架せられた運命とは――!?
やまねあやの描き下ろしマンガも収録!!

(引用元:ビーボーイ

一口メモ:本文を砂床あい先生が担当されたスピンオフ本。

主役は人気キャラクターの飛龍

『ファインダーの真実』後のお話。

台湾を舞台に“血”を断ち切ろうとする飛龍に、葉〈ヨウ〉や陶〈タオ〉が関わってきます。

 

元は家族として一緒に過ごしてきた兄、焔燕〈ヤンツェイ〉とのシーンは胸が締め付けられるものがありますし、その後の陶の覚悟も、もうただの小間使いではいられないんだなと少し物悲しくなりました。(陶の心境の変化は漫画の方でも少し出てきています)

描き下ろし漫画は飛龍と陶の数年後のお話……?

ファインダーの烙印【ネタバレ感想】

第2冊目 『ファインダーの蒼炎』

あらすじ:若くしてやり手の検事・黒田慎司は高校時代に一人の転入生と出会う。 ――麻見隆一。 ほとんど学校に来ず、様々な黒い噂が囁かれる謎めいた同級生。麻見は生徒の間で畏怖と羨望の的だった。そんな麻見と、黒田はある事がきっかけで親しくなっていき…?
やまねあやの描き下ろしマンガも収録!!

(引用元:ビーボーイ

一口メモ:こちらも前作同様本文は砂床あい先生が担当されています。

麻見と『ファインダーの渇望』から登場した検事の黒田との出会いが描かれているのですが、今までほぼ語られる事の無かった麻見の過去を垣間見ることが出来た一冊。

個人的には「麻見様ってこういう言動するんだー」という発見があって読んでいて楽しかったです♪

 

また本編中に黒田は大変な目に遭い、それを麻見に助けて貰ったからこそ、現代へ続く信頼関係になったんだなと理解しました。

描き下ろし漫画は高校生時代の麻見とーー小学生時代の秋仁でした(*^^*)

ファインダーの蒼炎【ネタバレ感想】

まとめ

本

いかがでしたでしょうか?

長いシリーズのため混乱しがちですが、今回整理してみてタイトルにもストーリーが刻まれているんだな」と実感しました!

 

改めて一覧にしておきますね。

無料試し読みもできるので、やまね先生の美しいイラストを是非覗いてみて下さい(*^^*)

 

個人的には小説版の『ファインダーの蒼炎』がお気に入りだったりします(^^♪

本編ではあまり麻見の砕けた様子を見ることが出来ないので。

 

中々大変な作業でしたが、これでもう迷いません!(笑)

漫画はもちろんですが、小説版もキャラクターの知らない面を垣間見ることが出来るので、かなりお勧めです(*^^*)